新しいiPhoneを手にしたら初めにやっておきたいこと(5)・・・iCloudを利用したバックアップについて(iCloudの設定 詳細1)

この度も、様々なご依頼いただきまして、誠にありがとうございます。

万が一落としたとしても、お客様のご指定の場所に引き取りにお伺いして、修理後お届けのアースバレーをよろしくお願いいたします。

小さいお子様がいて外出できない場合でも、アースバレーが修理品のお預かり修理後お届けするので、大丈夫!!

さて、今回のブログの内容は、

iPhoneを購入したら初めにやっておきたいことの第五弾!!

iCloudの設定内容について

前回のブログで、iCloudは使用できますが、今回はそれぞれの設定についてご説明いたします。

① 「設定」をタップ

IMG_0036②「icloud」をタップすると、「容量」という項目の下に以下の項目が表示されます。

ボタンの部分がグリーンになっているものがONになっている項目です。各種項目の内容は以下の通りになります。

IMG_0026

  • iCloud Drive ・・・ 外付の仮想ドライブとして、iCloudを使用できるようにする設定
  • 写真 ・・・・・・・ ご使用のiPhoneの写真データのバックアップ等の設定(次回ブログで詳細を説明します。)
  • メール ・・・・・・ メールデータのバックアップ設定
  • 連絡先 ・・・・・・ 連絡先データのバックアップ設定
  • カレンダー ・・・・ カレンダー及び登録したスケジュールのバックアップ設定
  • リマインダー ・・・ リマインダーのバックアップ設定
  • Safari ・・・・・・ インターネットブラウザ「Safari」のお気に入り(ブックマーク)のバックアップ設定
  • メモ   ・・・・・・ メモのバックアップ設定
  • Wallet   ・・・・・ Walletのバックアップ設定
  • バックアップ   ・・ 自動バックアップのオンオフの設定
  • キーチェーン   ・・ 他のAppleデバイス(iPad、macbook他)とのパスワードの連携のオンオフ
  • iPhoneを探す    ・・ このiPhoneを紛失した場合、他のデバイスで「iPhoneを探す」機能を使用できるようにするオンオフ設定

 

③ 次に「容量」をタップ

IMG_0025_1IMG_0032

  • 全ストレージ容量・・ 契約しているiCloudの容量(通常は5.0GB)
  • 使用可能 ・・・・・ バックアップなどで使用している以外の空き容量
  • ストレージを管理 ・ 各デバイスのバックアップやデータで使用しているiCloudの容量を確認できます。
  • さらに容量を購入 ・ 無料の5.0GBで足りない場合に、追加購入するためのボタン

 

④ 「ストレージを管理」をタップ

IMG_0032_1IMG_0052_2

 

  • バックアップ ・・・・・・・ 現在使用しているiPhoneのバックアップ容量とその他同じAppleIDで使用しているデバイスのバックアップの容量が表示されます。
    • お使いのiPhone以外のデバイスが表示されている場合、iPhoneのバックアップ容量とそれ以外のデバイスのバックアップ容量の合計が5.0GB以下であれば無料でiCloudをお使いいただけます。それ以上であれば、容量の追加購入が行われています。
    • お使いのiPhone以外のデバイスで、以前使っていたiPhoneのバックアップが表示された場合、必要でなければ削除して容量を増やすことができます。
  • 書類およびデータ領域 ・・・ 現在iCloudで使用しているデータ容量が表示されます。
  • メール ・・・・・・・・・・ メールデータのバックアップの容量が表示されます。

 

⑤ 「~のiPhone(このiPhone)」をタップ

  IMG_0052_3IMG_0053_1

  • 最新のバックアップ ・・・・ 一番最近iCloudにバックアップを作成した日時
  • バックアップのサイズ ・・・ 作成したバックアップの容量が表示されます。
  • バックアップオプション ・・ 次にバックアップを作成のに必要な容量とバックアップを作成するアプリを選択できます。
    • 次回作成時のサイズ ・・ 次回バックアップするのに必要なiCloudの容量(注意!5.0GBを超えている場合又は同じAppleIDでほかのデバイスのバックアップを取っていて合計で5.0GBを超える場合、容量を追加購入していなければ次回自動バックアップは行われません。)
    • 次回作成時のサイズの下のアプリ ・・ バックアップを取るかとらないか選択します。ボタンがグリーン状態ならば、バックアップを作成します。ここで、バックアップを必ず取っておかなければならないアプリのスイッチをオンにすることを忘れないでください。とっても取らなくてもいいアプリは、なるべく取らないほうが、iCloudの容量を確保するのに役立ちます。
    • フォトライブラリ ・・・・・・・・・ iPhoneのフォトライブラリのバックアップは結構容量を必要としますので、wifi環境でお使いの方であれば、Googleフォトにバックアップを取っていただけば、iCloudの容量が無料の5.0GBに収まるかと思います。(この項目に関しては、またの機会にご説明いたします。)

以上で、アプリごとのバックアップの設定とiCloudの容量について説明となります。

次回は、前述のとおり、「写真」の詳細についてご説明したいと思います。


ブログランキング参加中!

人気ブログランキングへ
ポチッとお願いします!励みになります(^◇^)

  • iPhoneの修理・困ったをご相談ください。
  • お客様のご指定の場所に、引き取りお届けにお伺いいたします。
  • 2回目の画面割れの修理が半額になります。(詳細はお問合せ下さい。)
  • ブログの内容についてのお問合せも受け付けております。
iPhone修理 アースバレー

TEL          023-673-0538

Mobile      070-1143-0630

Email       otoiawase@earth-valley.com お問合せはこちら

Line@  @lws4072d

facebook  http://www.facebook.com/earth.valley.yamagata/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です