新しいiPhoneを購入したら初めにやっておきたいこと(6)・・・iCloudを利用したバックアップについて(iCloudの設定 詳細2)

先日、な・な・なんと!山形の超有名人「伝説の余興師 ミッチーチェンさん」のiPhoneの画面割れを修理させていただきました。

いつも、お客様のところへお伺いするときに持っていくものをチェックしてお伺いするのですが、今回お客様がミッチーチェンさんだということで、いつもよりちょっと緊張していたのか、チェックした受付書がカバンに入っていなくって、ドキドキ。。。。

前日には、ミッチーさんの写真もゲットしたいなと考えていたのですが、あまりの恥ずかしさに言い出すこともできず、とりあえず、お預かりししっかりと修理させていただきました。なので、写真はないのです。(T_T)

 

これからも、お客様のご指定の場所に引き取りにお伺いして、修理後お届けのアースバレーをよろしくお願いいたします。

予定があって外出できない場合でも、アースバレーが修理品のお預かり修理後お届けするので、大丈夫!!

さて、今回のブログの内容は、

iPhoneを購入したら初めにやっておきたいことの第六弾!!

iCloudの中にある「写真」のタブについて

前回の予告通り、iCloudでの「写真」の取扱い等を説明いたします。

まずはいつも通り、

①「設定」をタップ

IMG_0036

②「iCloud」をタップ

IMG_0003

「icloud」→「写真」のタブに表示される内容

③「写真」をタップ

IMG_0026_1

IMG_0028

  • iCloudフォトライブラリ ・・・ iPhone内のフォトライブラリ全体を自動的にiCloudにアップロード保存して、使用しているAppleデバイスすべてで写真を見ることができるようにする設定。ONにした場合、写真をバックアップしたのと同じようになります。但し、中にはアップロードできない写真も存在します(理由は不明)
  • マイフォトストリーム(無料) ・・・・ iPhone内の写真を一時的にAppleのサーバーに保存して、お使いのパソコンやデバイスにダウンロードできるようにする設定。但し、中にはサーバーに保存できない写真も存在します(理由は不明)。尚、保存される写真の条件は、30日、1000枚以下となります。条件をオーバーする場合、古い写真から順に新しい写真と入れ替えになります。
  • バーストの写真をアップロード・ バーストの写真(シャッターボタンを押し続けると撮影される連写写真)をフォトストリームにアップするかの設定。オフの場合は、バーストで撮影された連写写真の中から、一枚フォトストリームにアップロードされます。
  • iCloud写真共有(無料) ・・・・・・ ほかの人と共有するアルバムを作成したり、ほかの人の共有アルバムに参加したりできる設定。但し、以下の条件があります。
iCloud写真共有条件
  • 1 人のオーナーが共有できる共有アルバムの最大数:100
  • 1 人のユーザが参加できる共有アルバムの最大数:100
  • 共有アルバムあたりの最大参加者数:100 人 (共有アルバムごとの参加者数)
  • 1 つの共有アルバムで参加者全員が投稿できる写真とビデオの合計枚数:5,000 件
  • 共有アルバムの 1 枚の写真または 1 つのビデオにつき投稿可能なコメントの最大数:200 回 (「いいね!」またはテキスト入力をコメントとみなします)
  • コメントあたりの最大文字数:200 文字
  • 1 日に共有アルバムのオーナーが招待通知を送信できる最大数:200 件
「iCloud」→「容量」→「ストレージを管理」→「~のiPhone(このiPhone)」のタブに表示される「フォトライブラリ」について

前述の「iCloudフォトライブラリ」と同じようにiCloudの容量を使いますが、こちらはAppleのほかのデバイスで見ることはできません。純粋にデータがなくなってしまった場合のバックアップになります。

次回から、オススメアプリについてアップ予定

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

新しいiPhoneを購入したら初めにやっておきたいこと(6)・・・iCloudを利用したバックアップについて(iCloudの設定 詳細2)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です