iPhoneの画面割れを放置すると。。。

アースバレーの土谷です。

ゴールデンウィークを多くの方が楽しまれたことと思います。

遊んでいる最中に、iPhoneを落としたりして思わず壊れてしまったなんてことが起きた人もいるかなと思うので、今回は画面が割れた状態でiPhoneを使い続けることによる、デメリットについて投稿いたします。

ガラスが割れていても、タッチが問題なく、表示もちゃんとされていても。。。。

ガラスのヒビが、入っている場所によっては、タッチするたびに壊れてしまう。

ガラスの裏側には、タッチした場所を識別するセンサーが貼り付けてあります。

タッチするたびにセンサーが壊れて、いずれタッチしても反応しなくなってしまいます。

さらに、タッチのセンサーが下の液晶パネルを押し込むことで液晶パネルが故障し、表示に線が入ったり、映らないなどの症状を引き起こします。

この程度の故障であれば、修理で直る見込みもありますが、上記の部分の故障や、割れたガラスの隙間から、チリやホコリが内部に侵入し、iPhoneの心臓部であるメイン基盤の故障を引き起こし、修理できない場合もあります。

割れたガラスは薄いひび割れ程度であれば、指を切るなどの怪我をする可能性があります。

ヒビ部分のガラスが細かく割れている場合には、割れている部分が剥がれ落ち、小さいお子さんが誤って口にしたりすると大事故につながりかねません。

なるべく早めの修理をお勧めします。

バックアップをしなくても修理ができ、修理後のアフターフォロー万全な当店へ、是非ご依頼ください。

お待ちしております。

    この記事が気に入ったら
    いいね ! しよう

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です