スマホ料金の見直し Part.5 (iijmio編)

お世話になっております、アースバレーの土谷です。

今回は、前回に引き続き、スマホ料金の見直しについて投稿いたします。前回の投稿(LINEモバイル編)はこちら

使用するスマホについて

今回の契約変更して使用するスマホ2台は、以下の通り

  • 先日解約したsoftbankのiPhone6s(SIMロック解除済)
  • アップルよりiPhone7のSIMフリー版を購入
    • iPhone7の購入では現在24回払いまで金利手数料無料なので、そちらを利用する(少しでも、携帯3社の契約内容に近づけるため)
iPhone7 128GB ジェットブラック 24回払い 初回 5,404円 2回目以降 3,700円

現在の状況については前回投稿した通りで、そのうち、iPhone6sの解約は終了してます。

まだ、iPadmini3の契約は、続いているので(来月解約予定)前回の最終の支払金額より1,620円多い状態となっております。

iPhone6s解約の段階で 月々税別▲5,731円 支払総額 月々税別21,054円

今回からiPhone6で使用している回線2台分でどれだけお安くなるかを、格安MVNOごとに検討していきたいと思います。

iPhone6 2台の契約で現在 支払総額 月々 税別18,365円

条件は以下の通り

  • softbankのiPhone6は今のところ通話まで利用できるMVNOがないため、SIMフリー化したsoftbankのiPhone6sのほか、iPhone7のSIMフリー版を新規購入予定
  • 来年3月に契約解除期間を迎えるiPhone6についても、解除料を払い同時に乗り換えする予定。
  • 格安MVNOの選定条件については
    • なるべく、ソフトバンクの契約に近いものを探す。
    • iPhone6のデータ通信量は、過去の実績より1台が3GB、もう一台が1GBあれば足りる。
    • 最低条件としては
      • iPhoneでテザリングを使用できること
      • 通話料金については把握していないので、初めは使った分だけの従量制で利用する。状況を見て、通話し放題のサービスに乗り換える可能性があるため、通話し放題のオプションがあること。
      • 出来れば、Wi-Fiスポットを利用することができること
      • 通話品質が高いこと
      • 何よりも現在の料金よりも安くなること

iijmio DOCOMO系MVNO & au系MVNO

iijmioはDOCOMO回線又はau回線を利用して提供している格安MVNOです。

  • 特徴
    • DOCOMO回線を選択した場合は、SIMロックのかかったDOCOMOのスマホで利用できます。au回線でもauの端末で使用する場合、SIMロックを解除しないと利用できません。(どちらの回線を利用する場合でも、SoftbankのスマホはSIMロックを解除しないと利用できません)
    • 格安MVNOの先駆け的存在で、現在も安定した状態で、人気も高いMVNOです。
    • データのシェアプランや音声通話のカケホーダイ(最長10分、専用アプリ使用)の設定がある。
    • 高速通信をOFFにすることでデータ利用量を抑えることができる(専用アプリから設定)
    • 料金は携帯3社より安い
    • 最低利用期間は契約月の翌月末までであるが、12か月経過するまで音声通話機能解除調定金として(12ヵ月-利用月数)×1000円が必要となります。
  • 基本料金について(データ通信+SMS+音声通話、余ったデータ量は翌月末まで繰り越し可能)詳細はこちら
    • データ通信基本料金
      • 3GBミニマムスタートプラン 900円
      • 6GBライトスタートプラン 1500円
      • 10GBファミリーシェアプラン 2560円
    • 音声通話機能付帯料 音声通話SIM1枚につき700円
  • カケホーダイについて(追加料金、専用アプリ使用)
    • みおふぉんアプリ使用 10円/30秒
    • 3分カケホーダイ 600円 (通話時間3分超えた場合、10円/30秒)
    • 10分カケホーダイ 830円  (通話時間10分を超えた場合、10円/30秒)
  • テザリング 無料
    • iPhone対応(但し、Dプランのみ、Aプランでは対応していません)
  • Wi-Fiスポット 無
  • オプション
    • 留守番電話 300円
    • キャッチホン 200円

契約シミュレーション

  • 5GBの契約について
内容 料金
基本料金
データ通信基本料金 10GB 2,560円
音声通話機能付帯料 700円
みおふぉんアプリ 0円
オプション
留守番電話 300円
キャッチホン 200円
テザリング 無料
合計 3,760円
  • 1GBの契約について
内容 料金
基本料金
音声通話機能付帯料 700円
みおふぉんアプリ 0円
オプション
留守番電話 300円
テザリング 無料
合計 1,000円
支払総額 税別 月々4,760円
月々税別▲8,201円 機種代込(初回) 支払総額 税別 10,164円
月々税別▲9,905円 機種代込(2回目以降) 支払総額 税別 月々8,460円

但し、事務手数料等の費用は含まれておりません。

  • これで使用するのに問題がなければ、かなりお安いと思います。
  • 回線スピードについては、Dプラン(DOCOMO回線)、Aプラン(au回線)で違いがある模様

総評

今回は、Feetelより安い価格になりました

但し、ファミリーシェアプランがあるのは、うれしいですね。値段もかなり安めですし、満足いくスピードであれば、ここでもいいかもしれません。

まぁ、契約するならネット関係でDタイプよりAタイプのほうが速いようなのでAタイプで考えてます。iPhoneでのテザリングができないためAタイプは除外

音声通話に関しても、通話料半額のほか、状況を見て最大10分のカケホーダイに切り替えられるのもいい感じです。

さらに、ファミリーシェアプランであれば、ファミリーの通話料金が8円/30秒になりますし、カケホーダイプランであればファミリーの通話時間が最大30分まで無料になるのもいいですね。

ご家族同士での音声通話が長い方にはいいサービスです。

ファミリーシェアプランは以前契約していた回線が、DOCOMOであり、DOCOMO回線用iPhone6やiPad等をご家族皆さんがお持ちであれば、かなり効果があるんじゃないかと思います。5回線まで音声通話SIMでシェアできるのは魅力です。

次回は、BIGLOBE SIM編です。

注意!! 格安MVNOの契約料金、基本料金及びオプションに関する料金については2017年5月時点の価格となります

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ料金の見直し Part.5 (iijmio編)” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です