スマホ料金の見直し ちょっと休憩編

バックアップ不要のiPhone修理店 アースバレーの土谷です。

今回はスマホ料金の見直しの中でも、現在解約するとどんな料金が発生するのか、壊れた時修理したほうがいいのか、買い替えたほうがいいのかを交えながらお話しさせていただきたいと思います。

iPhoneが壊れた?!その時どうする?!

まぁ、当店としてはもちろん修理していただくのがベストですが、壊れたのを理由に買い替えるのにも、実はタイミングがあったりします。

それはなぜか?

通常、携帯大手三社には2年契約の縛りがあると思います。一番最初にiPhone等の端末を購入して、契約をスタートすると、携帯の機種代金の分割支払いが終了したタイミングで、解除手数料がかからない契約更新期間がやってきます。

新しい端末を購入する場合は、契約更新期間の1ヵ月目に行うと以下のようなサイクルにすることが可能です。

しかし、それ以外のタイミングで端末を交換した場合、以下のように契約更新期間と機種代金の支払い終了にズレが生じ、解約の際に余分な出費が必要となります。

以上のことを考え、修理するほうがいいのか、買い替えるのがいいのかの判断をしたほうがいいと思います。

DOCOMO版iPhoneについて

いち早く、格安MVNOに回線を貸し出し始めたDOCOMOですが、DOCOMOのiPhone利用者には格安MVNOに乗り換えがしやすいメリットを与えてしまいました。

それは、DOCOMO版iPhoneであれば、ほぼDOCOMO系MVNOでSIMロックのかかったまま利用できるという点です。

DOCOMOユーザーにはありがたい話です。

それに引き換え、softbankについては、子会社のY!mobileですら、Softbank版iPhoneに関してはSIMロックを解除しなければ使用できないというデメリットがあります。

au版iPhoneについては、一部au系格安MVNOでSIMロックがかかったまま使用できる機種もあります。

SIMロックについて

SIMロックとは、携帯会社が販売している端末をほかの携帯会社で利用できないように制限をかけた状態の事を言います。

携帯会社の乗り換えをしないで同じ携帯会社のまま利用する場合は関係ありませんが、他社と契約する場合に現在使っている端末は利用できません。端末の代金も安いものではないので、利用できるようにしてもらったほうが利用者にとってはありがたいことです。

それで、携帯会社の乗り換えをしやすくするために、2015年5月以降に新発売された端末であれば、購入後一定の期間を置けば、SIMロックを解除することが可能になりました。

SIMロックを解除すれば、他社でもそのまま利用することが可能になる場合があります。iPhoneの場合は6s、6sプラス、7、7プラス、SEであれば、どこの携帯会社でも利用できるようになります。

SIMロック解除には様々な条件がありますので、ご契約の携帯会社にてご確認ください。

ということで

今年の10月以降、iPhone6sの機種代金の支払いが終了する方が出てき始めるかと思います。お使いのiPhone6sのSIMロックを解除して、あなたも携帯料金を下げることを考えてみてはいかがでしょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です