スマホ料金の見直し Part.7 (UQモバイル編)

お世話になっております、アースバレーの土谷です。

今回は、前回に引き続き、スマホ料金の見直しについて投稿いたします。前回の投稿(BIGLOBE SIM編)はこちら

使用するスマホについて

今回の契約変更して使用するスマホ2台は、以下の通り

  • 先日解約したsoftbankのiPhone6s(SIMロック解除済)
  • アップルよりiPhone7のSIMフリー版を購入
    • iPhone7の購入では現在24回払いまで金利手数料無料なので、そちらを利用する(少しでも、携帯3社の契約内容に近づけるため)
iPhone7 128GB ジェットブラック 24回払い 初回 5,404円 2回目以降 3,700円

現在の状況については前回投稿した通りで、そのうち、iPhone6sの解約は終了してます。

まだ、iPadmini3の契約は、続いているので(来月解約予定)前回の最終の支払金額より1,620円多い状態となっております。

iPhone6s解約の段階で 月々税別▲5,731円 支払総額 月々税別21,054円

今回からiPhone6で使用している回線2台分でどれだけお安くなるかを、格安MVNOごとに検討していきたいと思います。

iPhone6 2台の契約で現在 支払総額 月々 税別18,365円

条件は以下の通り

  • softbankのiPhone6は今のところ通話まで利用できるMVNOがないため、SIMフリー化したsoftbankのiPhone6sのほか、iPhone7のSIMフリー版を新規購入予定
  • 来年3月に契約解除期間を迎えるiPhone6についても、解除料を払い同時に乗り換えする予定。
  • 格安MVNOの選定条件については
    • なるべく、ソフトバンクの契約に近いものを探す。
    • iPhone6のデータ通信量は、過去の実績より1台が3GB、もう一台が1GBあれば足りる。
    • 最低条件としては
      • iPhoneでテザリングを使用できること
      • 通話料金については把握していないので、初めは使った分だけの従量制で利用する。状況を見て、通話し放題のサービスに乗り換える可能性があるため、通話し放題のオプションがあること。
      • 出来れば、Wi-Fiスポットを利用することができること
      • 通話品質が高いこと
      • 何よりも現在の料金よりも安くなること

UQモバイル au系MVNO

UQモバイルはauの子会社のUQコミュニケーションズが運営しているMVNOで、auとUQモバイルは、softbankとYモバイルのような関係です。

  • 特徴
    • au回線を使用しているため、SIMロックのかかったauのスマホで利用できます。(SoftbankとDOCOMOのスマホはSIMロックを解除しないと利用できません)
    • 格安MVNOの中では、Yモバイルと同じように回線スピードが速いです。
    • プランには、通話無料やかけ放題の設定が組み込まれています。
    • 料金は携帯3社より安い
    • 最低利用期間は24ヵ月と長め
  • 基本料金について(データ通信+SMS+音声通話、余ったデータ量は翌月末まで繰り越し可能)
    • 基本料金 以下のおしゃべりプラン又はぴったりプランどちらかのかけ放題プランを必ず選択(14ヵ月目から料金は+1000円upになります。)
      • Sプラン 2GB 1,980円
      • Mプラン 6GB 2980円
      • Lプラン 14GB 4980円
  • かけ放題プランについて(通話料20円/30秒)
    • おしゃべりプラン(全プラン共通)
      • 5分かけ放題
    • ぴったりプラン
      • Sプラン 60分/月
      • Mプラン 120分/月
      • Lプラン 180円/月
  • テザリング
    • iPhone7では使用できないが、6s以前5以降ならOK
  • Wi-Fiスポット 有り 無料
  • オプション
    • でんわ基本パック (留守番電話、三者通話サービス、迷惑電話撃退サービス) 380円
    • キャッチホン 200円

契約シミュレーション

  • 5GBの契約について
内容 料金
基本料金
びったりMプラン 6GB 2,980円
オプション
でんわ基本パック 380円
キャッチホン 200円
テザリング 無料
合計 3,560円
  • 1GBの契約について
内容 料金
基本料金
ぴったりSプラン 2GB 1,980円
オプション
でんわ基本パック 380円
テザリング 無料
合計 2,360円
支払総額 税別 月々5,920円
月々税別▲7,041円 機種代込(初回) 支払総額 税別 11,324円
13ヶ月目まで 月々税別▲8,745円 機種代込(2回目以降) 支払総額 税別 月々9,620円

13ヶ月後にイチキュッパ割の割引がなくなるので一台につき1000円up

14ヶ月目から 月々税別▲6,745円 機種代込(2回目以降)支払総額 税別 月々11,620円

但し、事務手数料等の費用は含まれておりません。

総評

最近、CMが頻繁に流れているUQモバイルですが、バックボーンが親会社のauであるため、値段も若干高めではありますが、安心感が違いますね。

iPhoneSEの取り扱いがあるのもいい感じです。

ただ、iPhone7でテザリングができないのと、最低契約期間が長いこと、途中から一台当たり1000円UPすることを加味すると、あまりお安い気がしないですね。

ちなみに、au回線の格安MVNOのmineoですが、iPhoneでテザリングができないため、今回は検討材料に入れていません。

次回は、Y!モバイル編です。

注意!! 格安MVNOの契約料金、基本料金及びオプションに関する料金については2017年5月時点の価格となります

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

スマホ料金の見直し Part.7 (UQモバイル編)” に対して 3 件のコメントがあります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です