【注意!!】Appleを名乗るフィッシングメールについて

フィッシングメールについて

フィッシングメールとは、送ったメールを利用し、受け取った人の個人情報を引き出す詐欺メールの事を言います。

今回は、アップルを名乗り、個人のAppleIDとパスワードを聞き出すために、以下のようにメールでアカウントロックがかかったという内容でメールが送られてきました。

アカウントロックがかかると、どうなるかというと・・・

Apple ID がロックされた場合や使用できなくなった場合

本人や第三者がパスワード、セキュリティ質問、その他のアカウント情報を何回も間違えて入力した場合、Apple ID はセキュリティ対策のために自動的にロックされ、どの Apple サービスにもサインインできなくなります。Apple ID のロックは、ご本人様確認を済ませた後で解除いただけます。

Apple ID がセキュリティ上の理由でロックされた場合、以下のいずれかの警告メッセージが表示されることがあります。

  • 「この Apple ID は、セキュリティの問題により使用が停止されています」
  • 「セキュリティ上の理由によりご利用のアカウントが無効になっており、サインインできません」
  • 「この Apple ID はセキュリティ上の理由からロックされています」

以上、Appleのサポートサイトより抜粋

ということは、現在使用している環境で特に上記の状態にならなければロックはかかっていないということになります。

もし、上記の状態になっていた場合は、メールのリンクをクリックしないで以下の操作を行ってください。

Apple ID がロックされた場合や使用できなくなった場合の解除方法

上記いずれかの警告メッセージが表示された場合は、iforgot.apple.com にアクセスして既存のパスワードでアカウントのロックを解除するか、またはパスワードをリセットすることができます。アカウントのロック解除を何回も試して失敗した場合、Apple ID はロックされたままになります。翌日にまた解除を試していただけます。

2 ファクタ認証をお使いの場合は、Apple ID のロック解除には、信頼できるデバイスまたは信頼できる電話番号が必要です。復旧キーがあれば、その復旧キーを使ってアカウントへのアクセスを復旧できます。

上記の警告とは異なるメッセージが表示され、パスワードをリセットできない場合は、お問い合わせください。

くれぐれも、メールのリンクをクリックしてAppleIDを盗まれることのないようにご注意ください。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です